Nagai Kohsuke Official Site
海老名市議会議員 永井浩介 公式ホームページ



問い合わせ・ご意見

海老名市議会議員
永井浩介 公式ホームページ

一般質問結果概要。

一般質問結果概要。

2017年9月21日19時55分

今日は一般質問2日目ですが、私は昨日、一般質問を終わりました。

国分寺台に関しては危機意識を共有し、前向きな答弁もあり、野球場に関しては一歩踏み込んだ答弁も!しかし、毎度のことながら、盛り込み過ぎて準備していたもの全ては出来ず…
1.国分寺台地域の将来展望について
・国分寺台ケアセンターの廃止について
平成10年の設立当初から民間の進出が出てきたら撤退という形で事業を進めていたが、27の事業所が進出。空き枠もある事から来年の3月に廃止。
またその中にある地域包括支援センターも移動をするが、年内には実施母体の決定、場所も国分寺台内にて開設をする事を確認。
・人口ビジョンを踏まえ現状の課題と将来展望をどう考えるか?
現在、大谷地区の16000人の人口も40年後には7000人と半分以下になる。特区のような形で、モデル地区として独自の予算化も今後は実施を目指していくとの答弁も。
また足となるバスに対しても相鉄が行なっているシニアパスなども含め、バス停を増やす事も視野に連携しながら進めていく。
生活の拠点でもある国分寺台商店街、要望していたバリアフリー化も今年度に実施をする事に!
・住宅政策、福祉サービス、自治会館などの多機能サービス施設など
今後、検討すべき課題でもあるので検討に入る(樽井集会所の建て替えのタイミングもあるので早期の決断を要望)
・唯一の人口減地域として総合計画や戦略などの中長期の計画での特化した位置づけ。
検討していく。
2.ラグビーW杯の公認キャンプ地について
・結果について
まだ結論が出ておらず決定が遅れている
・決定の場合の今後のスケジュール
候補地と決定した場合は出場国の視察があり、海老名が選ばれれば正式決定。
・改修について
早期の着手をし、
・国費について
3.スポーツ振興に向けた支援について
・運動公園再整備計画の進捗について
・野球場
魅力作り、高校野球の予選の実施を目指し、8000人以上の施設を現在検討中。時期に関しては予算の事もあり明言を避けましたが、2019年には着工を要望。
この他にも河原口の河川敷の暫定利用を含め、施設確保を要望。
・選手育成
・部活動(全国大会等の派遣費など)
今は一般財源であり、何人出るか分からなく、執行残になる事もある。これを部活動振興会などで繰越を出来る体制、また自分の地域の学校の部活動が全国大会に出た時に少額でも寄付したいという場合も一般会計に入ってしまう。
振興会なのか別の財布を作るべきと提案し、今後工夫するとの答弁。
・子供の体力(公園など)
時間がなく出来ず…
・体育協会
時間がなくなったので来週の決算にやります。
4.学童保育について
・条例の附則について
一人当たりの面積、施設の規模を定めた条例の附則だが、今年度で猶予期間が終わり。希望者が増え、市も事業所と共に土地の確保をしているが間に合わない。あくまで条例は国の基準でもあるので、附則の変更をし、期間を延長すべきと提案し、延長する方向での答弁。
・将来展望
時間がなく出来ず…
以上、ザックリとしてますが、結果です。
またインターネット中継などが観れるようになったら報告します。
{FEFBD8A5-1917-4CEB-8D8D-4CE7626BD1A1}