Nagai Kohsuke Official Site
海老名市議会議員 永井浩介 公式ホームページ



問い合わせ・ご意見

海老名市議会議員
永井浩介 公式ホームページ

慰安婦問題反撃開始?と9月に向けて始動!

慰安婦問題反撃開始?と9月に向けて始動!

2016年2月17日16時23分

議会準備が着々と進んでおります。
また19日の金曜日は継続審議となっている墓地問題の陳情の文教常任委員会が開かれる為、その件で地元の皆さんと意見交換などをしたりしています。
そんな中、青年会議所の9月に行われる神奈川ブロック大会・海老名大会の下準備も着々と始まっております。
一昨日は青年会議所と商工会議所青年部との懇親会・意見交換会。
{64BF0CD0-A113-44D9-9178-7AA7D53C0F24:01}

また昨日はブロック大会運営委員会(県側みたいなもの)の全体委員会に正副の実行委員長で出席。
{C4E84AA8-B8F0-4FEA-A168-BB22C16B1814:01}

{4E784661-6BF2-47E7-A7D3-796EC760BB9E:01}

海老名を盛り上げる一つの大規模な仕掛け。丁寧に準備を進めていきたいと思います。

さて、国連欧州本部で開かれた女子差別撤廃委員会の対日審査政府代表の外務省の杉山晋輔外務審議官は強制連行を裏付ける資料がなかったと説明をしたようです!(政府として初)

政府、慰安婦の強制連行は捏造 国連の女子差別撤廃委で説明 「朝日新聞の報道が大きな影響与えた」

日韓合意も慰安婦像の撤去等の韓国側の主だった動きもありません。
しかしながら肝心なのは20万人という数字も根拠が無く、強制連行は行われておらず(資料も出て来てない・韓国側もそんな大規模な強制連行があるのなら必ず一次資料が残っていたはず)、性奴隷という表現も事実と全く違うということ。(アメリカの学校教科書でも間違った性奴隷という表現が記載)
何より、この問題が広まったのは朝日新聞の捏造であり、この件でも朝日新聞は捏造を認め、謝罪しておりますが…
この間違った認識で広まってしまっている国際社会に真摯に説明していく大事な時期に外務省が国連でキッパリと否定をしたという事実を”現時点”では当事者の朝日新聞はこの件を(まだ紙面で未確認)ネット記事で見る限り報道しておりません。
事実では無い事が広まり、それを払拭する為に日本一丸とならなければならないのに如何なものかと思います…
今日はこれから会派の視察で富山市・金沢市です。