教育環境の整備を!

2019年4月1日9時10分

私は青少年事業について市議の時代にも多くの時間を割いてきました。これからAIやIoTと言った新しい技術によって現在の世の中にある仕事の約半分以上が機械にとってかわられる。なくなると言われています。これは2014年にイギリスオックスフォード大学にてオズボーン准教授がAIなどの研究で。10年から20年後に米国の総雇用の47%の仕事が自動化されると発表しました。例えば私が小学校の頃は駅で切符を切る駅員がいて、あのカチカチって切符を切る道具の音が好きでしたが、今ではPASMOやSuicaといった電子マネーになり自動改札になりました。今では駅員さんが改札に立っている姿を見ることはなくなりました。グーグルが開発しているセルフドライビングカーは既に自動運転の走行テストが行われており、今後は車を運転する時代ではなくなっていくのでしょう。こうした事が、様々な業種で起こると言われているのです。今の続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』