Nagai Kohsuke Official Site
海老名市議会議員 永井浩介 公式ホームページ



問い合わせ・ご意見

海老名市議会議員
永井浩介 公式ホームページ

森友問題…それよりも…

森友問題…それよりも…

2017年3月20日0時41分

球春到来!
神奈川勢のいないセンバツ高校野球が始まり今日はえび~にゃ感謝祭、市のシティプロモーション課の職員の吉野さんのファイナルでもありました。
{B68DC751-E6B9-4B16-BA8A-9CC1AB194978}
本当に発想力・行動力は凄まじくもある方でもありますし、4月から民間でもそのパワーを発揮して欲しいです!市としては有能な職員の退職は痛手でもあったりしますが、後進の方にも期待です。
また同時刻ではありましたが13区の青年局で街頭活動。
{AB2951A6-5F4F-4412-B2C2-62D0B5C0A2F4}
甘利代議士も参加をしましたが、甘利代議士からも森友問題についてお話をされ、また通り掛かりの方は大声で森友問題はどうなんだ!と言ってこられましたが、説明をすると、自民党しっかり頼むと言われました…
(あ、もちろん許可を取ってます^^;)
連日、ワイドショーや週刊誌でも騒がれる森友問題ですが、来週の証人喚問で一区切りになるのでしょうが…
テレビ番組でビートたけしさんも「籠池氏やフリージャーナリスト達は怪しすぎる」と発言されたりしてますが、本当にそう思います。(参考人招致で良いと言っていた野党に対し、それよりも重い証人喚問に自民党が何故したのか…)
それはさて置き、様々な事がごっちゃになり過ぎです。
国有地を安くした件。
ここで、安くなった要因の廃棄物処理をしなかったりしたら問題でしょう。
そもそも土地を国や市が安くしたりするのは良くあります。
例えば、市がやっている企業立地など。
これは地域経済や将来的な街の発展の為に市だったりが企業に対して、税金も安くし、またお金もあげる(補助金)から来て欲しいとするもの。
大阪で小学校の需要があり、どうしても実現したい場合は何らかの対応はするでしょう。
逆に言えば、左派が喜ぶ自虐史観を教える内容だったら、ここまで騒ぐのか?(保守派は騒ぎそうですが)教育内容が気に食わないから…と言った理由も背景にあるのでしょう。私学の教育内容にどこまで突っ込めば良いのか、保護者が決めるものではないの?と思いますが…
またここでの話に政治が口利きしたか否か。
ここで裏金が動いていたら完全にアウト。
しかし前にも書きましが、口利きは見方を変えれば国民・市民の想いを実現させる為に動くこと。
例えば、私は当選してから市の学童保育の方々と現状をお聞きし、改善策を考え、議会で働きかけました。もちろん、団体や市教委、市長の頑張りもあり、結果として当選直後の6年前の補助金は5000万強だったのが29年度予算案では2億を超える額になっています。ここには、はっきりと政治が関与しています。しかし、これでお金を貰っていたらアウトでしょうし、票が目当てでも何でもありません。
陳情(市民の想い)を受け、公益の観点から必要であると判断し、議会で働きかけただけ。
森友問題に仮に口利きがあったとしても政治家が公益の観点から必要と判断し、働きかけだったらどうなのか?(あくまで森友学園でなかったらの話です)市民のニーズがあって素晴らしい教育内容なのに、制度上、開設出来ないとかなら政治が動くのではないでしょうか。
総理夫人の寄付もそうです。(否定されてますが)
公職選挙法上、政治家は選挙区外では寄付行為は認められます。
仮にあったとしても、極端な話、アフリカの学校の設立の為の寄付金だったら?
もう何だか分かりません…
偽メール問題を思い出します。
論点整理をした墨田区議さんからシェアをします。
{5A72A356-E88D-4545-B0ED-64CDFC1C583C}

どちらにしても証人喚問は注目です。
それより何より民進党は国会開催から五十日以上過ぎても、森友学園で大騒ぎして63本の法案には手つかず。
また…
対北朝鮮で軍事行動排除せず、戦略的忍耐終わった=米国務長官
アメリカと韓国での合同演習をやっておりますが、国務長官は「明確にしておきたいのは、戦略的忍耐は終わったということだ。われわれは安全保障と外交上の新たな措置を模索している。あらゆる選択肢がテーブルの上にある」と説明しています。
要はビンラディンの時のように、朝鮮半島でいつ有事が起きてもおかしくありません。
国会の委員会でも議論をしてはいます。(民進や共産は…)しかしほとんど報道されず。
今回の予算委員会で取り上げる国民保護計画。
海老名市国民保護計画について
啓発も自治体の責務ではありますが、市民がこの問題を考えられているか。
先ほども言われましたが、マスコミも取り組んで頂きたいと思います。