現場の先生を増やしたい。

2019年4月3日6時10分

2017年3月に戦後9度目の学習指導要綱が改定されました。大きな変化としては「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」の導入やプログラミング教育の充実が図られることが挙げられます。実際には小学校では2020年から、中学校では2021年から実施されます今までの詰め込みや、ゆとり教育などの教育方針と大きく異なるのが「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」と言われる考え方で、学習内容を深く理解し、資質能力を身に付け、生涯にわたって能動的(アクティブ)に学び続けようとすることとい合われています。これは2015年に実施された国際数学・理科教育動向調査で日本は算数・数学・理科の全強化で平均得点が過去最高になりました。国際的にもトップクラスです。しかし意識調査では理科や数学が楽しいと答えた中学2年生の割合は52%と国債平均71%に対して大きく下回っています。成績は良いが、学習意欲は低いという結果となっており、これでは生涯にわたって学び続ける力も弱く続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』