Nagai Kohsuke Official Site
海老名市議会議員 永井浩介 公式ホームページ



問い合わせ・ご意見

海老名市議会議員
永井浩介 公式ホームページ

議会報告会などなど…

議会報告会などなど…

2018年5月12日0時48分

昨日は議会報告会の準備の為の広報委員会や議会改革特別委員会などが市議会では開かれました。
議会報告会は日程も決まり、
7月14日(土)上今泉コミセン、ビナレッジ
7月28日(土)社家コミセン

の2日間、3会場となります。今後、中身を詰めていきますが、広報に関してはより工夫をしたいと思います。また議会改革特別委員会も我が会派の特別委員会メンバーを中心に議会基本条例の制定に向け、一言一句に拘りながら、海老名らしさを入れながら進めている最中でもあります。
今まで進めてきた議会改革をして来たことも土台にしての条文策定をベースにしていますが、会派メンバーは今日も朝から激論でした(^^)

さて、国会では加計問題の参考人招致が行われておりました。(野党のロングバケーションも、流石に支援者にも怒られたりもしたようで…)
20倍を超える受験生が集まった加計学園。

加戸前知事も仰っていましたが、地域振興の為に今治市は大学誘致するも頓挫。
12年前から声をかけたのは加計だけ。
加計ありきと言いますが、愛媛にとっては12年間加計ありきですと…
また首相案件と言っても国家戦略特区は総理の肝いりの政策。

面会も柳瀬氏の発言で「政策を考えるのに机の上に座っているより、人と会うのを大事にしている。だからこそ多くの人に会った」というのは同感です。
高橋洋一氏が分かりやすい記事を書いていました。

【日本の解き方】加計学園問題、柳瀬氏が官邸で面会認めても本質は変わらず ゆがんだ行政が正されただけ
いつまでも自分達の理想とするストーリーの答弁じゃなければ「疑惑が深まった」と……
さて、日中韓サミットで拉致問題を取り上げ、またアメリカは拉致された方をすぐに解放、向こうも「日本は何故直接言わないのだ」と言わせる環境な中、奪還に向け、1番大事な時期。
アメリカのように軍事力で「怒らせてはならない」という国であれば、すぐに救出も出来ます。しかし現状の日本で最善の外交策を展開している現状、党派を超えて一丸となって欲しい問題です。
またフィリピンのドゥテルテ大統領は国内の慰安婦像の撤去に対して指示をしてくださっていたりもします。アメリカではロビー活動にやられ設置されたりしていますが、国益の為の戦略的な部分での外交議論もして欲しいところ。