Nagai Kohsuke Official Site
海老名市議会議員 永井浩介 公式ホームページ



問い合わせ・ご意見

海老名市議会議員
永井浩介 公式ホームページ

運動公園の可能性。

運動公園の可能性。

2017年11月27日8時02分

県央県北少年軟式野球大会の準決勝・決勝でした。

優勝は2年連続で相模原代表チーム。
{EB31B00B-9FF5-431C-8811-C3D3832250F0}去年も今年もスター選手がいる訳でもなく、今年も6年生が6人と良くある学年のバランスのチームでしたが、相模原という激戦を勝ち抜いただけあって個々の力もチームとしてのまとまりもあるチームでした。
{B3AD9460-D564-4AF6-B473-34B71040304E}37回続いている県央県北の大会。(県央8市とも言います)

是非とも来年こそ海老名代表チームの奮起に期待したいです‼️

{7D3E6A11-F184-4E15-B38A-A60295C38C1E}倉橋議長の挨拶ですが、後ろのバックスクリーンは県内でも横浜スタジアムに次いで県内2位のバックスクリーンと自負しています。
これでスタンドが本格的に設置出来たら!と議会でも要望を続けています。
今日も運動公園は体育館は空手の神奈川県大会、陸上競技場はラグビーの関東大会(予選?)が行われ、宇都宮のチームも来たりしていました。
東名高速と圏央道の分岐点でもある海老名の施設は県内のど真ん中という事だけじゃない、関東から見てもアクセスしやすい立地にあります。
この強みを活かして、どう展開出来るか?
現在、ラグビーW杯の公認キャンプ地も未だに正式決定はしてませんが(決定は夏だったのが来春まで最終決定は延期)、アクセスの面からも様々な需要があります。しかし今日、3つの競技の大きな大会が行われただけで駐車場は満車になりました(見越して多目的広場も駐車場として解放しましたが…)
ここに要望している野球場の改修が実現し、万単位の高校野球を誘致出来たらどうなるか?
駐車場は土日などはMAX650台と、現在高校野球の予選を開催している近隣の大和スタジアム(北と南合わせて131台)などと比較をして余裕はありますが、総合運動公園という事も鑑みたらこれに甘んじず更なる確保は必須ですし、今日改めて課題が浮き彫りになりました。
海老名の運動公園の可能性を最大限に引き出す為の今後の課題です。