皆さまにご報告があります。

生まれ育った地元を良くしていきたい、守っていきたい。そう決意し、2011年に市議会議員選挙に立候補をし、市議会議員として全ては街のため、子どもたちの未来を切り開きたいと活動をしてきました。その街の可能性を、未来を切り開きたいと4月に県議会議員選挙に挑戦を致しました。それから5カ月間、政治の世界から離れ、一度は政治から身を引くことも考えました。しかし多くの方にご意見を頂く中で、「何の為に政治を志したのか?」自問自答を繰り返しました。これからの日本全体は何もしなければ人口も減る右肩下がりの厳しい時代になります。また子ども達の事を考えると今ある職業がどうなるか、無くなるのか分からない時代を迎えます。また市内でも特に私の住む大谷地区(国分寺台・浜田町・大谷)は20年も経てば人続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』